お気に入りに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

手紙 の書き方@ 礼状 例文 > ■お礼状の書き方のポイント! > 礼状の書き方はここを押さえて /手紙の書き方@礼状例文


スポンサードリンク

■お礼状の書き方のポイント!

礼状の書き方はここを押さえて /手紙の書き方@礼状例文

礼状の書き方のポイント!



必ず手書きで書きましょう。
印刷された機械的な文章よりも、絶対に読む気になります。

読んでもらえない手紙なら、出す意味が無いのです。

(メールの使用が一般的になり、お礼の挨拶もメールで送る方がいますが、手書きの礼状が届くと、受け取った側の記憶に強く残ります。)

礼状を書く時は、読みやすい丁寧な字で、落ち着いて書きましょう。
別に達筆である必要はありませんが、相手が読みやすいようにハッキリと
大きめの字で書くと良いでしょう。

礼状の場合はハガキではなく、封書にしましょう。
封筒・便箋は、シンプルな白無地のものの方が一般的に好まれますし、
清潔感もあり、感謝を表す上で有効と言えます。

(他の人に内容を知られたくない場合、資料等同封書類がある場合もそうですが、より丁寧に気持ちを伝えたい場合も、封書にしましょう。)

※短い手紙で、便箋1枚に収まった場合、
白紙の便箋を1枚同封する慣例がありますが、何事も合理的になった近頃では、便箋が1枚だけでも失礼にはなりません。

あくまでもビジネス文書の一つです。
基本的な手紙の書き方、一般的なルールに従って書きましょう。


お礼状の書き方のポイント!カテゴリートップへ

スポンサードリンク

<<この時代になぜ手紙なのか? /手紙の書き方@礼状例文 | 手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ | 一般的な礼状の文書構成 /手紙の書き方@礼状例文>>

手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ戻る

Powered by Seesaa