お気に入りに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

手紙 の書き方@ 礼状 例文 > ■挨拶状の例文集(転居・移転・結婚・出産・転職・転任・退職) > 結婚の挨拶状の意味/手紙の書き方@礼状例文


スポンサードリンク

■挨拶状の例文集(転居・移転・結婚・出産・転職・転任・退職)

結婚の挨拶状の意味/手紙の書き方@礼状例文

結婚の挨拶状の意味


長い人生の中でいくつか訪れる大きなイベント
その中でも最も華やかなイベントの一つに結婚があげられます。


人生をともに過ごすと決めた伴侶と
永遠の愛を誓う。

幸せいっぱいの時だからこそ、支えてくれた周囲の人に
感謝の気持ちを結婚の挨拶状に込めて送りましょう。


■アドバイス

1、誰に出す?
  結婚披露宴に招待できる人には限りがあります。
  招待できなかった知人・友人など今後も
  お付き合いをお願いしたい人全員に出しましょう。

2、いつ出す?
  挨拶状ですから、あまり遅いのは失礼にあたります。
  最低でも結婚後の一ヶ月以内には出し終わるようにしましょう。

3、形にとらわれずに
  最近はイラスト入りで「結婚しました」の文字だけの
  シンプルなものが多くなっているようですが、
  気の利いた文章は書けなくても、夫婦そろって会ったことが無い
  相手に妻(夫)を紹介するような文章にしたりすることで
  オリジナリティが出ます。

4、新居は明確に!
  今後の付き合いを大切にしたいなら、新住所は明確に記載しましょう。
  「遊びに来てください」や「お立ち寄りください」を
  忘れずに書くのが礼儀です。



Ѐ

スポンサードリンク

<<退職の挨拶状のポイント/手紙の書き方@礼状例文 | 手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ | 結婚の挨拶状の例文/手紙の書き方@礼状例文>>

手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ戻る

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。