お気に入りに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

手紙 の書き方@ 礼状 例文 > ■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜 > 2月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文


スポンサードリンク

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

2月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文

2月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・立春の候
・向春の候
・余寒の候
・晩冬の候
・春寒の候
・節分の候
・寒明けの候
・残寒の候
・春浅の候
・梅鴬の候
・厳寒の候
・梅かおるの候
・春まだ浅く
・立春とは名のみの寒さ
・冬の名残りがなかなか去らず
・寒気は冴えかえり
・向春のみぎり
・春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く
・余寒厳しき折柄
・暦の上に春は立ちながら
・三寒四暖と申しますが
・三寒四温とか言われる季節
・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが
・いくらか寒さもゆるみ
・梅のつぼみもそろそろ膨らみ
・何となく春めいて

■使用例文

・余寒の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。いつもなみなみ ならぬお気使いを賜り、誠にありがとうございます。

・余寒厳しき折柄、ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。何かとお心 にかけて下さいましてありがとうございます。

・寒明けの候、いよいよ御清祥のこととお喜び申し上げます。何かとお心に かけて下さいましてありがとうございます。

・梅鴬の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。その後おかわり ございませんでしょうか。

・立春とは名ばかりの寒さですが、ますますご健勝のほどお喜び申し上げま す。

・暦の上に春は立ちながら、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・余寒なお去りがたきおりから、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

・節分の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。いつもお世話になり、誠 にありがとうございます。

・立春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方なら ぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・いくらか寒さもゆるみ、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げま す。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・向春のみぎり、いよいよ御清祥のこととお喜び申し上げます。

・時下ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。何かとお心にかけて下 さいましてありがとうございます。

・梅のつぼみもまだ堅いようですが、皆様にはますますご健勝のほどお喜び 申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうご ざいます。

・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが、いつも一方ならぬお力添え にあずかり、誠にありがとうございます。

・余寒なお去りがたきおりから、ますますご発展の事お喜び申し上げます。

・厳寒の候、皆様ご清栄のこととお喜び申し上げます。

・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが、皆様ますますご清栄のこと とお喜び申し上げます。


■結びの挨拶

・春近しとはいえ、余寒身にしみる季節です。ご自愛ください。

・日脚は伸びましたが、寒さはまだまだ厳しい今日この頃。どうぞ、お体にお気をつけてお過ごしください。

・立春も過ぎ、春を待ちわびるこの頃、お身体をおいといください。


スポンサードリンク

<<出産報告ハガキの例文/手紙の書き方@礼状例文 | 手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ | 3月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文>>

手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ戻る

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。