お気に入りに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

手紙 の書き方@ 礼状 例文 > ■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜 > 9月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文


スポンサードリンク

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

9月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文

9月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・新秋の候
・初秋の候
・秋涼の候
・秋色の候
・清涼の候
・涼風の候
・野分の候
・秋分の候
・新涼の候
・白露の候 
・秋冷の候 
・野分の候 
・仲秋の候
・新秋快適の候
・爽秋の候
・残暑去り難く
・二百十日も無事に過ぎ
・虫の音美しい
・秋の気配が次第に濃くなって
・新秋快適のみぎり
・朝夕はめっきり涼しく
・朝夕日毎に涼しくなり
・秋色次第に濃く
・初雁の姿に秋を感じる頃
・スポーツの秋を迎え
・野山もにわかに秋色をおび
・爽やかな季節を迎え
・いまだ暑さが残りますが
・鈴虫の音が美しく
・萩の花が風にゆれる頃
・九月になってもまだ残暑が続いております
・朝夕が凌ぎやすい季節となりました
・秋刀魚が美味しい季節となりました






■使用例文


・二百十日も無事に過ぎ、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・新秋快適の候、いよいよご多忙のほどお喜び申し上げます。

・九月になってもまだ残暑が続いております、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・虫の音美しい季節となりました。時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・清涼の候、皆様にはいつもながらお変わりなく何よりに存じます。

・秋の気配が次第に濃くなり、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・残暑去り難く、皆様にはいよいよご多忙のことと存じます。

・初秋の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・秋刀魚が美味しい季節となりました、貴社いよいよご多忙のほどお喜び申し上げます。

・九月になってもまだ残暑が続いておりますが、いよいよご多忙のほどお喜び申し上げます。

・野山もにわかに秋色をおび、皆様はいかがお過ごしでしょうか。日頃の疎遠をお詫び致します。

・朝夕日毎に涼しくなり、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・秋色の候、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・萩の花が風にゆれる頃となりました。皆様方にはご清栄のこととお喜び申し上げます。

・新秋の候、皆様にはいつもながらお変わりなく何よりに存じます。

・残暑ようやく衰え、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・秋の気配が次第に濃くなって参りましたが、貴社いよいよご多忙のほどお喜び申し上げます。

・朝夕が凌ぎやすい季節となりました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

・野分の候、貴社ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・いまだ暑さが残りますが、貴社いよいよご多忙のことと存じます。


  


■結びの挨拶

・まだ残暑は続きそうです。体調管理にお気をつけください

・夏バテは秋に出るとも申しますので、どうかご自愛のほどを

・今秋の豊かな実りをお祈り申し上げます。

・昼夜温暖の差が激しくなってまいりました、風邪など召されませぬよう、お身体ご自愛下さい。

スポンサードリンク

<<8月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文 | 手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ | 10月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文>>

手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ戻る

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。