お気に入りに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

目次 / 手紙の書き方礼状@例文


スポンサードリンク

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

7月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文

7月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・盛夏の候
・真夏の候
・向暑の候
・猛暑の候
・酷暑の候
・炎暑の候
・大暑の候
・灼熱の候
・盛夏の候
・向暑の侯
・三伏大暑の候
・暑さ厳しき折
・青葉若葉のみぎり
・爽快な夏
・まぶしいほどの夏
・海山の恋しい季節
・楽しい夏休み
・連日厳しい暑さ
・夏祭りのにぎわう頃
・炎暑のみぎり
・涼風肌に心地よく
・旱天続きで
・草木も生気を失い
・土用の入りとなり
・近年にない暑さが続き
・蝉の声に更に暑さを覚え
・一雨欲しいこのごろ
・うっとうしい梅雨もようやくあけました
・梅雨明けの暑さひとしおでございます
・蝉の声もひときわ高く
・暑さが日ごとに加わってまいります
・紺碧の空に一片の雲もなく




■使用例文


・長かった梅雨もようやくあがり、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・爽快な夏、皆様にはますますご健勝の事と存じます。

・暑さ厳しき折、一雨欲しい今日この頃ですが皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・猛暑の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。

・梅雨明けて息つく間もないこの暑さでは誠にたえがたいと存じますが、ますますご繁栄の事お喜び申し上げます。

・近年にない暑さが続いておりますが、ご多忙のことと存じます。

・涼風肌に心地よく、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・炎暑のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・三伏大暑の候、盛夏の候、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・青葉若葉のみぎり、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・夏祭りのにぎわう頃、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・海山の恋しい季節、皆様にはますますご健勝の事と存じます。

・連日厳しい暑さに、一雨欲しい今日この頃ですが皆様にはますますご健勝の事と存じます。

・向暑の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。

・梅雨明けて息つく間もないこの暑さでは誠にたえがたいと存じますが、貴社ますますご繁栄の事お喜び申し上げます。

・灼熱の候、ますますご発展の事お喜び申し上げます。

・梅雨明けの暑さひとしおでございます、貴社ご多忙のことと存じます。

・暑さが日ごとに加わってまいりますが、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・うっとうしい梅雨もようやくあけました、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・盛夏の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・炎熱の候、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・まぶしいほどの夏、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。



  


■結びの挨拶

・暑さ厳しき折、ご一同様のご健康をお祈り申し上げます

・暑熱耐えがたきこの頃、くれぐれもご自愛のほどを

・元気に夏をお過ごし下さい

・お互い、炎天に負けない体力を養い夏を乗り切りましょう。

・暑さ厳しき折り、くれぐれもご自愛下さい。

・暑熱耐え難きこの頃、くれぐれもお身体をおいといください。

・本格的な夏を迎えました。ご家族の御健康をお祈りいたしております。

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

6月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文


6月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・初夏の候
・梅雨の候
・向夏の候
・向暑のみぎり
・若葉青葉の候
・青葉の候
・深緑の候
・向暑の候
・入梅の候
・長雨の候
・さわやかな初夏の季節
・梅雨がうっとうしい折から
・時候不順の折
・うっとうしい梅雨の季節
・長かった梅雨もようやくあがり
・爽やかな初夏を迎え
・初夏の風に肌も汗ばむ頃
・樹々の緑深くなり
・若鮎のおどる季節
・暑さ日増しに厳しく
・空には白い雲が浮かび
・暑気日ごとに加わり
・日の光も青く





■使用例文


・時候不順の折、皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・青葉の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。

・爽やかな初夏を迎え、ますますご発展の事お喜び申し上げます。

・うっとうしい季節となりましたが、皆様にはますますご健勝の事と存じます。

・長かった梅雨もようやくあがり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・若鮎のおどる季節となりましたが、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・初夏の候、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・向暑のみぎり、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・梅雨の候、皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・さわやかな初夏の季節となりましたが、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・青葉若葉のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・樹々の緑深くなり、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・青葉若葉のみぎり、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。





■結びの挨拶

・うっとうしい毎日ですが、どうか、ぐれぐれもご自愛下さい。

・蒸し暑い日が続いておりますが、お身体ご自愛下さい。

・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。

・梅雨冷えの厳しい今日この頃、お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。

・うっとうしい毎日ですが、気持ちだけはさわやかに過ごしましょう

・雨の外出もまた風情あるものです、ぜひお出かけください

・梅雨寒の時節柄、風邪などお召しにならぬよう、お気を付けください

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

5月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文


5月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・新緑の候
・晩春の候
・若葉の候
・薫風の候
・立夏の候
・惜春の候
・暮春の候
・薫風の候
・藤花の候
・初夏の候
・向暑の候
・軽暑の候
・余花の候
・軽夏の候
・新緑の色増す季節
・新緑の野山に萌える今日この頃
・風薫る五月
・大空にこいのぼりの躍るころ
・吹く風も夏めいて
・うっすらと肌も汗ばみ
・風清らかな初夏
・緑濃く
・風薫るこのごろ
・若葉の目にしみる
・緑したたる
・五月晴れ
・青田を渡る風
・新茶の香り
・牡丹の花が咲き誇り
・初夏の風もさわやかな頃となり
・深緑の色増す頃


■使用例文


・晩春の候、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・藤花の候、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・若葉の候、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・新茶の香り漂う季節となりました、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・大空にこいのぼりの躍るころ、皆様にはますますご多忙のほどお喜び申し上げます。

・若葉の候を迎え、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・風薫る五月、ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・暮春の候、時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・若葉の目にしみる候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・向暑の候、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・新緑の候、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・春風若葉にかおる候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・風清らかな初夏の候ですが、貴社ますますご多忙のほどお喜び申し上げます。

・若葉の候を迎え、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・風薫る五月、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。




■結びの挨拶

・木の芽どきの体調の崩しやすい季節です。お身体をおいといください。

・大空を泳ぐ鯉のぼりのようなご活躍を期待しております。

・さわやかな季節です、いつにも増して活動的に過ごしてください。

・梅雨のはしりで気まぐれな空の下、十分お体にお気を付けください

■ハガキの書き方(年賀状・寒中見舞い・暑中見舞い・残暑見舞い) 

寒中見舞いの豆知識/手紙の書き方@礼状例文

ここでは寒中見舞いについて詳しく解説していきます。

寒中見舞いの例文についてはこちらからご覧になれます。



■そもそも寒中見舞いって何?

寒中見舞いとは寒さが厳しくなった頃に友人知人に出す挨拶状で、
安否を気遣うだけではなく、様々な挨拶状として使うことができます。


寒中見舞いってどんな時に出すの?

それでは実際どんな時に出せばよいのでしょうか?
寒中見舞いは季節の手紙であり、挨拶状でもあるのですが、
通常は年賀状でその役割を果たしてしまいます。
ですから、年賀状を出しそびれてしまった場合や
年賀状を出していない相手から年賀状が来てしまった場合などに
年賀状の代用として出す場合が多いようです。
また、自分が喪中で年賀状を出せなかった場合や相手が喪中で年賀状を送ることが出来ない場合などにも、寒中見舞いを出すことで疎遠にならないように配慮することが出来ます。


寒中見舞いはいつ頃出せばよいのか?

寒中見舞いは松の内(元旦から1月7日)を過ぎてから出すのが一般的です。
また立春(2月4日頃)までには出し終えるのがマナーです。


寒中見舞いに使うハガキの種類は?

年賀ハガキは使わず、普通ハガキを使って書きます。
年賀状とは別物ですから、当然干支は使いません。


寒中見舞いの例文もあわせてご利用ください。



★お値打ちプリンターランキング★



■ハガキの書き方(年賀状・寒中見舞い・暑中見舞い・残暑見舞い) 

寒中見舞いの例文/手紙の書き方@礼状例文

寒中見舞い 例文


ここでは寒中見舞い 例文をいくつか紹介します。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★例文1

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しき折から皆々様のご健勝をお祈り申し上げます
平成○○年 厳冬


★例文2

寒中お見舞い申し上げます

昨年中はいろいろとありがとうございました
寒さ厳しい折柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます
平成○○年 一月


★例文3

寒中お見舞い申し上げます

旧年中は大変お世話になりました
寒さ厳しい折柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます
平成○○年 


★例文4

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しい折いかがお過ごしでしょうか
ご家族の皆様にはお体を大切にお過ごしくださいますよう
お祈り申し上げます
平成○○年 厳冬


★例文5(喪中の場合)

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しい折いかがお過ごしでしょうか
喪中のため年始のご挨拶を差し控え失礼しましたが
今年もご交誼のほどお願い申し上げます
平成○○年 厳冬


★例文6(転居した場合)

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しい折いかがお過ごしでしょうか
本年もどうぞよろしくお願いいたします
ささやかな新居を建て転居いたしました。
下記が新しい住所となります
お近くにお越しの際はお気軽におたちよりください。
平成○○年 一月



■アドバイス

寒中見舞いは縦書きが多く見られますが、
 年賀状に代わるものですからこだわる必要はありません。
 むしろ、イラストや写真などを用いる場合は横書きの方が
 スッキリと見栄えが良いでしょう。

・喪中により年賀状を出せなかった相手にはその旨を伝える
 文章が良いでしょう。

・年賀状ではありませんから、干支は入れないのが常識です。
 イラストなどを選ぶ際は季節感を重視して選ぶと良いでしょう



★お値打ちプリンターランキング★



<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>

手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ戻る

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。