お気に入りに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

目次 / 手紙の書き方礼状@例文


スポンサードリンク

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

4月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文

4月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・春暖の候
・陽春の候
・春日の候
・春和の候
・春粧の候
・仲春の候
・春陽の候
・温暖の候
・桜花の候
・陽春の候
・春暖の候
・春風駘蕩の候
・春陽麗和の好季節
・春たけなわ
・春光うららかな
・桜花爛漫
・春の愁いにとらわれ
・春宵一刻千金の候
・春も深くなり
・桜見物の好季節となりました
・葉桜の季節となり
・春も半ばを過ぎ
・惜春の思いは深く
・春光うららかな
・若草萌える季節
・花見の季節を迎え
・かげろうもえる季節
・花曇りの昨今
・春もたけなわの日和
・花便りも伝わる今日このごろ
・うららかな好季節を迎え
・桜の花も散りはじめるこのごろ


■使用例文


・花便りも伝わる今日このごろ、皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・春もたけなわの日和、ますますのご発展お喜び申し上げます。

・春日の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつもお世話になり、お礼申し上げます。

・陽春の候となりましたが、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・春宵一刻千金の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・桜見物の好季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

・春光うららかな今日この頃、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・桜の花も散りはじめるこのごろ、皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・かげろうもえる季節、皆様ますますのご発展お喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・春粧の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・花曇りの昨今、皆様にはますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・若草萌える季節、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・温暖の候となりましたが、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・陽春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・誠にのどかな春のよい季節となりましたが、貴社ますますご発展のほどお喜び申し上げます。

・花見の季節を迎え、重い体に鞭打って出社する毎日が続いておりますが、貴社ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

・春光うららかな季節、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。






■結びの挨拶

・見頃のうちに、お花見にお誘いくださいませ

・花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、どうぞご自愛のほどを

・新しい環境で心機一転、皆さまの幸福をお祈りいたします

・桜花爛漫の折り、近いうちにお花見でも致しましょう。

・花冷えに風邪など召されませぬようご自愛下さい。

・花冷えの候、くれぐれもご自愛下さい。


■ハガキの書き方(年賀状・寒中見舞い・暑中見舞い・残暑見舞い) 

喪中ハガキの豆知識/手紙の書き方@礼状例文

喪中ハガキの豆知識

ここでは喪中ハガキに関わる豆知識を紹介します。


喪中ハガキを出す範囲

基本的には同居している家族や
一親等(父母・配偶者・子)と同居している二親等(祖父母・兄弟・孫)
などに不幸があった場合に年賀状欠礼の挨拶をするのが一般的です。
例年、年賀状のやりとりを含め、新年のご挨拶をしている相手に出します。
基本的に親族には出しません。

※一般的な基準ですので、地域や各家庭の習慣で違いもあります。



■何か書き添えた方が良いのか?

喪中である旨を相手に伝えることが目的ですから、
余白などにその他のことは書きません。
特におめでたい内容などはタブーです。



■いつ頃出せばよいのか?

あまり早すぎても相手が年賀状を用意する際に忘れてしまう場合があります。
大体、11月から12月のはじめ頃に着くように出すのがマナーです。



■年賀状をいただいてしまった場合は・・・

もしも年賀状をいただいてしまったら、年賀状でお返事するのではなく、
寒中見舞いを出しましょう。
寒中見舞いは松の内(一月七日)を過ぎた頃から出すものです。


■ハガキの書き方(年賀状・寒中見舞い・暑中見舞い・残暑見舞い) 

年賀状の例文/手紙の書き方@礼状例文

kadomatsu_s.gif年賀状の例文

年賀状の賀詞に続く文章を「添え書き」といいます。
(賀詞についてはこちらからどうぞ→年賀状のタイトル〜賀詞を決めよう〜

ここではその年賀状の添え書きの例文を紹介します。


年賀状の添え書きの例文

・お健やかに佳き新春をお迎えの事とお慶び申し上げます
 本年もよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・お元気でお過ごしですか?
 いろいろ大変な事もあると思いますが明るく元気に!
 今年もよい年となりますように
 平成○○年 元旦

・ご家族のご健康とご多幸をお祈りいたします
 本年も何卒よろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・家族揃って楽しいお正月を迎えております
 本年もよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・皆様お健やかに佳き新春をお迎えの事とお慶び申し上げます
 旧年中は大変お世話になりました
 本年もどうぞよろしくお願いいたします
 平成○○年 元旦

・皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします
 本年もよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・希望に満ちた新春をお迎えの事とお慶び申し上げます
 今年もよろしくお願いいたします
 平成○○年 元旦

・輝かしい新春を迎え謹んで皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
 平成○○年 元旦

・旧年中のご厚情を深く感謝いたします
 本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・旧年中は一方ならぬご交誼をいただき心より御礼申し上げます
 本年も変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・旧年中は格別のお引き立てに預かり厚く御礼申し上げます
 本年も皆様のご要望に添えますよう万全を期しております
 平成○○年 元旦

・旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます
 本年も総力を挙げて仕事に邁進する所存でございますので、
 なにとぞ一層のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・旧年中は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます
 本年もまた倍旧のご愛顧のほどお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・謹んで初春のお慶びを申し上げます
 時は得がたくして失いやすし
 今年はチャンスの年、がんばりましょう
 平成○○年 元旦

・謹んで新春のお慶びを申し上げます
 輝かしい新春を迎え皆様のご清福をお祈り申し上げます
 本年もよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・謹んで新年のお慶びを申し上げます
 ご尊家の皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます
 平成○○年 元旦

・結婚して初めてのお正月を迎えました
 まだまだ未熟な二人ですが、今後ともご鞭撻のほどよろしくお願い申し上 げます
 平成○○年 元旦

・今年もご健勝にてご活躍くださいますよう念じております
 平成○○年 元旦

・昨年は大変お世話になりました
 本年もよろしくお願いいたします
 平成○○年 元旦

・昨年は大変お世話になりましてありがとうございました
 本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・昨年中はいろいろとありがとうございました
 今年も新たな気持ちでがんばってまいります
 どうぞよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・初春をめでたくお祝い申し上げます
 輝かしい新春を迎え益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます
 本年も相変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・新しい年を迎え、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
 平成○○年 元旦

・新春を迎え、ご家族一層のご繁栄を心よりお祈り申し上げます
 平成○○年 元旦

・新年おめでとう!
 ことしは大きくのびのびと行きたいものです
 どうぞよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・新年の御祝詞ありがたく拝受いたしました
 家族揃って新年を迎えました事を心から喜んでおります
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・早々に新年のごあいさつをいただき、ありがとうございました
 私どもも無事新年を迎える事ができました
 本年もよろしくお願い申し上げます
 平成○○年 元旦

・平素の疎遠をお詫びし、皆様のご多幸をお祈りいたします
 平成○○年 元旦




■アドバイス

賀詞に使った言葉が添え書きに含まれる場合はしつこくならないように
注意しましょう。
出来れば賀詞と添え書きは重ならないように選ぶことをお奨めします。



★お値打ちプリンターランキング★



■ハガキの書き方(年賀状・寒中見舞い・暑中見舞い・残暑見舞い) 

年賀状のタイトル〜賀詞を決めよう〜/手紙の書き方@礼状例文

年賀状の賀詞をご紹介します

賀詞とは年賀状の冒頭に書かれる
決まり文句のようなもので、
新年を祝う「祝い言葉」です。

毎年同じではバラエティーに欠けるので
ここでは豊富に紹介しておきますね。




年賀状の賀詞

・あけましておめでとう。
・あけましておめでとうございます
・賀春
・賀正
・恭賀新春
・恭賀新年
・恭頌新禧
・謹賀新春
・謹賀新年
・慶春
・敬頌新禧
・迎春
・寿
・春
・初春
・新春
・福
・頌春



■アドバイス

近年は賀詞の変わりにその年の干支を漢字で大きめにイラストのように
印刷する方も増えていますね。
その場合はあえて賀詞は用いずに、添え書きから書き始めるのも良いでしょう。


★お値打ちプリンターランキング★



■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

3月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文

3月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・浅春の候
・春分の候
・早春の候
・春色の候
・春暖の候
・麗日の候
・軽暖の候
・早春の候
・春暖の候
・若草萌ゆる候
・春暖快適の候
・風はまだ寒く
・寒さも緩み
・春寒しだいに緩み
・日増しに暖かさを増し
・小川の水もぬるみ
・つぼみも膨らむころ
・桃の蕾もふくらみ
・まことにしのぎよい時節となりましたが
・木々の緑日ごとに色めく季節
・日増しに暖かくなり
・急に春めいて
・一雨ごとの暖かさ
・暑さ寒さも彼岸までと申しますが
・春の彼岸の頃
・春色とみに濃く
・春寒料峭のみぎり
・日毎にのどかになり
・菜の花は今が盛り


■使用例文

・めっきり春らしくなってまいりましたが、、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつもお世話になり、誠にありがとうございます。

・寒さもようやく衰えはじめましたがいかがお過ごしでしょうか。

・日増しに暖かくなり過ごしやすい季節となりましたが、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・日毎にのどかになり春の装いを感じる季節となりましたが、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・春寒料峭のみぎり、まだまだ寒い日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。

・木々の緑日ごとに色めく季節、いよいよご発展のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・まことにしのぎよい時節となりましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・天も地もすっかり春のよそおいをこらしてきましたが、ますますご健勝の事と存じます。

・時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・寒さもようやく衰えはじめましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・めっきり春らしくなってまいりましたが、ますますご発展の事お喜び申し上げます。

・暑さ寒さも彼岸までと申しますように過ごしやすい季節となりましたが、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・春暖の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・ひと雨ごとに春の陽気を増してまいりますが、貴社いよいよご発展のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・梅も散り、花桃のつぼみもだいぶふくらんできましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・春色とみに濃く、皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・春色の候、いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・急に春めいて皆様にはますますご健勝の事と存じます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。


■結びの挨拶

・時節柄、お身体ご自愛下さい。

・春寒の折り、どうぞ、お身体をおいといください。

・暑さ寒さも彼岸までと申します。くれぐれも御身お大切に。

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6..  次の5件>>

手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ戻る

Powered by Seesaa