お気に入りに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

目次 / 手紙の書き方礼状@例文


スポンサードリンク

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

2月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文

2月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・立春の候
・向春の候
・余寒の候
・晩冬の候
・春寒の候
・節分の候
・寒明けの候
・残寒の候
・春浅の候
・梅鴬の候
・厳寒の候
・梅かおるの候
・春まだ浅く
・立春とは名のみの寒さ
・冬の名残りがなかなか去らず
・寒気は冴えかえり
・向春のみぎり
・春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く
・余寒厳しき折柄
・暦の上に春は立ちながら
・三寒四暖と申しますが
・三寒四温とか言われる季節
・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが
・いくらか寒さもゆるみ
・梅のつぼみもそろそろ膨らみ
・何となく春めいて

■使用例文

・余寒の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。いつもなみなみ ならぬお気使いを賜り、誠にありがとうございます。

・余寒厳しき折柄、ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。何かとお心 にかけて下さいましてありがとうございます。

・寒明けの候、いよいよ御清祥のこととお喜び申し上げます。何かとお心に かけて下さいましてありがとうございます。

・梅鴬の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。その後おかわり ございませんでしょうか。

・立春とは名ばかりの寒さですが、ますますご健勝のほどお喜び申し上げま す。

・暦の上に春は立ちながら、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・余寒なお去りがたきおりから、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

・節分の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。いつもお世話になり、誠 にありがとうございます。

・立春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方なら ぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・いくらか寒さもゆるみ、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げま す。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・向春のみぎり、いよいよ御清祥のこととお喜び申し上げます。

・時下ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。何かとお心にかけて下 さいましてありがとうございます。

・梅のつぼみもまだ堅いようですが、皆様にはますますご健勝のほどお喜び 申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうご ざいます。

・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが、いつも一方ならぬお力添え にあずかり、誠にありがとうございます。

・余寒なお去りがたきおりから、ますますご発展の事お喜び申し上げます。

・厳寒の候、皆様ご清栄のこととお喜び申し上げます。

・長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが、皆様ますますご清栄のこと とお喜び申し上げます。


■結びの挨拶

・春近しとはいえ、余寒身にしみる季節です。ご自愛ください。

・日脚は伸びましたが、寒さはまだまだ厳しい今日この頃。どうぞ、お体にお気をつけてお過ごしください。

・立春も過ぎ、春を待ちわびるこの頃、お身体をおいといください。

■挨拶状の例文集(転居・移転・結婚・出産・転職・転任・退職)

出産報告ハガキの例文/手紙の書き方@礼状例文

出産報告ハガキの例文

出産の報告はほとんどハガキで出すのが一般的ですね。
これには説明は要らないでしょう。


なんと言っても主役は赤ちゃんです。
親になった心境としては当然
「生まれてきたわが子を皆に見てもらいたい」
といったところでしょうか。


ですから、文章よりも写真がメインになりますね^^;

どせなら可愛く撮ってあげてくださいね^^

今は自宅のデジカメとプリンターでも綺麗な出産報告ハガキが作れます。


写真に添える文章は短い方が写真が際立ちます。
あまり長い文章だと写真のスペースが狭くなってしまいます(笑)



文章的には

・赤ちゃんが生まれました。名前は○○です。どうぞ、よろしく。

・私たち家族に新しい仲間が加わりました。どうぞ、よろしくお願いします。

・新しい家族が仲間入りしました。お近くにお越しの際には、ぜひ遊びにいらしてください。


などの簡単なもので良いでしょう。

■アドバイス
近年、生まれた日を書かない出産報告ハガキが意外と多いです。
出産報告ハガキは生まれてきたわが子を皆に紹介する
挨拶状の一種ですから、日付と名前は最低限書きましょう。

生まれた時の身長体重などを付け足すと良いでしょう。



★お値打ちプリンターランキング★



■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

1月の手紙の前文〜時候の挨拶文〜/手紙の書き方@礼状例文

1月の時候の挨拶文を紹介します。

■時候の挨拶 例文

・酷寒の候 
・厳寒の候 
・初春の候 
・新春の候 
・寒冷の候 
・寒風の候 
・厳冬の候
・大寒の候
・小寒の候
・甚寒の候
・極寒の候
・降雪の侯 
・新春の喜び 
・酷寒のみぎり
・寒気厳しき折柄
・初春とはいえ
・厳しい寒さ
・一面の銀世界
・寒さ厳しき折柄
・例年にない寒さ
・いよいよ寒気がつのり
・雪の晴れ間
・星も凍るような寒い夜 
・寒気ことのほか厳しく
・積雪は軒につかえ
・霜柱を踏んで
・水道のじゃ口も凍る寒さ 
・冬来たりなば春遠からじ
・ビルの谷間を抜ける木枯らしの音
・寒気厳しきおりでございますが
・本格的な冬の到来を迎え
・早いもので松の内も空けて
・鏡開きもすんで
・寒さが肌をさす今日このごろでございますが
・今年は例年にない寒さとのことで
・当地にも初めての雪が舞い
・おだやかな初春をご家族でお迎えのことと
・喜びに満ちたお正月をお過ごしのことと存じます。
・暖冬とは申せ、吹く風はやはり冷たく
・珍しくあたたかな寒の入りとなりましたが、
・今年は例年にない大雪で、雪かきが大変です。
・ご家族で今年もスキーをお楽しみのことでしょう。
・降り積もった雪に子どもたちが歓声をあげております

■使用例文

・極寒の候ではございますが、皆様にはますますご繁栄の事とお喜び申し上 げます。何かとお心にかけて下さいましてありがとうございます。

・水道のじゃ口も凍る寒さでございますが、ますますご健勝の事とお喜び申 し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうござ います。

・例年になく暖かい今日この頃ですが、皆様にはますますご健勝のこととお 喜び申し上げます。

・おだやかな初春をご家族でお迎えのことと、お喜び申し上げます。平素は なみなみならぬお引き立てを心より感謝申し上げます。

・大寒のみぎり、ますます御発展のこととお喜び申し上げます。

・厳寒の候、皆様にはおかわりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。

・極寒の候、おかわりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。いつも一 方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・寒さ厳しきおりから、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げま  す。

・例年にない寒さではありますが、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申 し上げます。

・極寒の候ではございますが、貴社ますますご繁栄の事とお喜び申し上げま す。何かとお心にかけて下さいましてありがとうございます。

・寒気ことのほか厳しい日が続いておりますが、皆様にはますますご発展の 事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にあ りがとうございます。

・新春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。平素はなみなみ ならぬお引き立てを心より感謝申し上げます。

・大寒のみぎり、皆様にはますます御発展のこととお喜び申し上げます。

・厳寒の候、貴社いよいよ御発展のことをお喜び申し上げます。いつも一方 ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

・寒さ厳しきおりから、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げま  す。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

・例年になく温かく、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。


■結びの挨拶


・寒さ厳しきおりから、お風邪など召しませぬよう
・厳寒のおり、ご自愛ください。
・今年も幸多い年でありますようお祈り申し上げます
・本年も変わらぬお付き合いのほどをお願い申し上げます
・寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください
 

■手紙の書き出し文〜時候の挨拶〜

前略の意味/手紙の書き方@礼状例文

前略の意味


よく、手紙の書き出し文で「前略」という言葉を目にしますね。

でも、「前略」の本当の意味を知らない人が多いのではないでしょうか?


手紙の前文では本来、「拝啓」などの頭語を用います。
その後に 時候の挨拶を書きます。
四季の豊かな日本ならではの書式習慣なのです。

「前略」は「前文を略す」という意味ですから、
時候の挨拶を書いたときは、 
頭語を「前略」とはせず、「拝啓」などを用います。

読み手に本文を快く読んでもらうための前振りを
わざわざ「前略」の一言で済ませてしまうのは勿体無いのです。

気の利いた時候の挨拶を手紙の前文に入れ込んで
スマートな手紙を書いてみませんか?

■挨拶状の例文集(転居・移転・結婚・出産・転職・転任・退職)

寿退社の挨拶状の例文/手紙の書き方@礼状例文

寿退社の挨拶状の例文

女性は結婚や出産を期に退職するケースが多いですね。


しかし、職場で培った人間関係がそこで終ってしまうのは
いかにも勿体の無いものです。


寿退社の場合もしっかりと挨拶状を出しておきましょう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


拝啓 初夏の候
皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます

株式会社○○商事在職中はいろいろとお世話になり
誠にありがとうございました

このたび結婚のため、同社を円満退社いたしましたので
ここにご挨拶申し上げます

皆様の励ましのお言葉を糧に新しい生活を築いていきたいと思います
今後ともよろしくご指導のほどをお願い申し上げます
末筆ながら皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます     敬具


平成○○年六月


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<前の5件  .. 3 4 5 6 7..  次の5件>>

手紙 の書き方@ 礼状 例文トップへ戻る

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。